がん治療情報局

抗がん剤の種類をご紹介していきます

抗がん剤と言っても沢山あります

がんの治療では抗がん剤が用いられます。抗がん剤の効果として挙げられるのが、がん細胞の増殖を抑えたり、細胞を壊すといった事となります。この抗がん剤には多くの種類が存在しており、それぞれによって特性が異なってきたり副作用が変化したりするものです。副作用が強く出てしまった場合には、副作用を軽減させるために抗がん剤の種類を検討するような事もあるでしょう。

抗がん剤の種類

白衣の人

分子標的薬

代表的な抗がん剤として挙げられるのが、分子標的薬となります。この分子標的薬はどういったものなのかというと、がん細胞を標的として治療を行うことが出来る抗がん剤となっています。がん細胞以外に作用することが少ないため、他の抗がん剤よりも副作用を軽減させることが可能だと言えます。

アルキル化剤

アルキル化剤は、元々第二次世界大戦中に用いられていた化学兵器を作る際に用いられた薬が始まりとなっています。そのためアルキル化剤は、昔からがんの治療として用いられてきた抗がん剤となるのです。アルキル化剤の効果はがん細胞が増殖することを防ぎ、増殖する際にがん細胞が壊れてしまうように作用するといったものとなります。

代謝拮抗薬

抗がん剤として用いられることが多くある代謝拮抗薬は、がん細胞が合成してしまうことを防ぐことができる抗がん剤となっています。抗がん剤の中でも副作用が軽いと言われていますが、代謝拮抗薬を利用する時には長期的な治療を続けていく必要があるでしょう。

植物アルカロイド

植物アルカロイドとは、毒をもっている植物から作られている抗がん剤となっています。植物が持つ毒性の特徴を利用して、がん細胞が増えてしまうことを予防することが可能となるのです。植物アルカロイドは副作用が強く出てしまうこともありますが、抗がん剤としての効果が極めて高いと言えるでしょう。

広告募集中