がん治療情報局

抗がん剤による副作用を知ろう~大腸がん予防と患者の体験談~

がんに注意する

大腸がんの患者は多くいるものです。がんを発症してしまうと、その患者の3割程度の方が死亡してしまうと言われています。そのためがんの早期発見や治療が非常に大切となるのです。以下では大腸がんで注意するべきポイントをご紹介していきます。

大腸がんを予防するポイントBest5

no.1

定期検診を行う

がん予防として非常に有効となるのが、がん検診を受けるという事になります。がん検診を受けることによって、初期のがんを発見することができるでしょう。初期の場合ですと治療によって治る可能性が非常に高いのです。

no.2

保険に入りましょう

近年はがんを発症する患者が増えている傾向にあります。がんは私たちにとって、身近な病気となっているのです。がんの治療を行う時には莫大な費用が掛かってしまう事もありますから、がん保険に加入しておくことをおススメします。

no.3

気になることは相談する

日常生活において身体に少しでも異変を感じるようなことがあれば、医師に相談するように心がけると良いでしょう。がんを発症してしまえば、働くこともできません。健康体で仕事を続けていきたいという方こそ、自分の身体を気遣っていくことが大切なのです。

no.4

食生活を見直しましょう

大腸がんを発症しやすい人の傾向として、肥満であることが挙げられます。内蔵脂肪が高まってしまうことによって、大腸がんのみならず様々な成人病のリスクを抱えてしまうこととなるのです。したがって食生活を見直していく必要があるのです。

no.5

身体を動かすこと

脂肪を蓄えてしまうことによって、大腸がんのリスクを高めてしまうこととなります。したがって運動を行うことで、脂肪を減らしていく心がけを行う必要があるでしょう。運動を行うような際には、習慣化させることが大切です。したがって自分にとって無理のない内容で行うと良いでしょう。

抗がん剤の副作用

女医

副作用には段階がある

がん治療では抗がん剤を用いた治療が行われることが一般的ですが、抗がん剤では副作用が現れることが多くあるものです。この副作用には段階があり、その症状の度合いから0~4までの段階に分類されます。

副作用の度合いを見る

副作用の度合いによって、医師は抗がん剤をストップするといった判断を行います。例えば副作用のグレードが3以上と判断されてしまった場合には、抗がん剤の使用をストップさせることが多くあるのです。

症状には個人差がある

抗がん剤の副作用の度合いは個人によって差があるものです。そのため副作用が強く、辛い思いをしている場合にはちゃんと医師に伝える必要があるでしょう。副作用を我慢していることによって、身体への負担も大きくなってしまうからです。抗がん剤による副作用を軽減させるには、食生活などを見直すことをお勧めします。

私のがん治療をご紹介

副作用がひどかった(40代女性)

私は抗がん剤による副作用がひどくて、よく吐き気を感じてしまい、立ち上がるとめまいが起こるなど辛い思いをしたものです。副作用を軽減するためにサプリメントを摂るといった工夫をしましたよ。副作用が無くなることはありませんが、和らげることができました。

前向きに治療を行うことができた(30代女性)

がんを宣告された時には、本当に衝撃を受けました。時が止まったような感覚です。しかし、医師や看護師とがんや治療内容について話を聞いているうちに、徐々に治療に前向きな気持ちを持てるようになりました。がんになった時は、医師や周囲の人がサポートしてくれることが本当に大切なのだと思いました。

医師か看護師の気遣いがありがたい(50代男性)

がんの治療で抗がん剤を用いたとき、医師や看護師が副作用や困ったことが無いかと気にかけてくれ、相談しやすかったのでありがたかったですね。気になる症状などを伝えることによって、不安を軽減させることもできました。

人間ドッグで発覚(40代男性)

人間ドッグを行った際、大腸がんが発覚しました。しかし初期の段階であったため、治療をすれば治すことができると診断されたのです。治療を行った後も、定期的に検診を受けていますが、再発はありません。医師から治療で治ると言われた時は心強いなと感じたものです。

たまたま発覚しました…(50代女性)

職場の同僚が乳癌になってしまい、治療を受けることになったのです。同僚が乳癌となってしまったわけですから、乳癌を身近な問題としてとらえることができました。私も気を付けなきゃなと思い検診を受けたら、なんと初期の乳癌が発見されたのです。早期発見することが出来て、本当に幸運でしたよ。

広告募集中